Q:インタープリファイを導入するメリットは?



A:従来の同時通訳では、事前の機材手配、当日のブース設営の立ち会い、通訳者の対応、終了後の撤収作業の確認など多くの手間が発生していました。


インタープリファイなら、通訳者は別の場所で通訳を行うためブース設定営や通訳者の対応が不要です。

また、参加者は自身のスマートフォンを通じて通訳音声を聞くため、レシーバー回収の手間や、紛失の恐れがありません。


コスト面でも、通訳者の交通費やブースの設営費をはじめとし、様々なケースで、大幅なコストダウンが可能です。